ABOUT ABOUT ABOUT

CONCEPT

美しくもあり、快適な履き心地の既製靴

2016年に始動したOrientalは、
ジャパンメイドのシューズブランドです。
母体であるオリエンタルシューズでは、
イタリアやフランスのメーカーと協業しながら
グッドイヤー製法の靴を長年手がけてきました。
Orientalではそのグッドイヤー製法を用いながらも
木型やマテリアル、フィッティングに対する
考え方を改めて見直し、
現代の日本人に合うようにアップデート。
美しくもあり、快適な履き心地の革靴を
作り続けています。

2016年に始動したOrientalは、ジャパンメイドのシューズブランドです。
母体であるオリエンタルシューズでは、イタリアやフランスのメーカーと
協業しながらグッドイヤー製法の靴を長年手がけてきました。
Orientalではそのグッドイヤー製法を用いながらも木型やマテリアル、
フィッティングに対する考え方を改めて見直し、
現代の日本人に合うようにアップデート。
美しくもあり、快適な履き心地の革靴を作り続けています。

HISTORY

ABOUT Oriental shoues

オリエンタルシューズの創業者、松本常雄はビルマ(現ミャンマー)戦線をはじめ、先の大戦を経験しておりました。戦地では靴が無いことが原因となり命を落とした兵士を、目の当たりにしてきました。戦争が終わり、悲惨な体験のショックから立ち直った松本は、靴を作り社会に奉仕することが使命だと決心。一から靴作りを始めました。1957年には前身となる東洋製靴株式会社を設立し、広く靴の普及に努めていきました。

ABOUT Oriental shoues

1964年にはオリエンタルシューズへと社名を変更。欧米の機械を導入し、グッドイヤー製法やマッケイ製法による靴の生産を続けました。やがて技術力が認められ、イタリアやフランスなど欧米諸国のブランドと提携。各ブランドのエッセンスを吸収し、自ブランドの靴作りのベースとなっていきました。その後も様々なブランドのOEMを手がけ、技術の幅を広げていきました。

ABOUT Oriental shoues

長年培ってきた技術を活かし、理想とする靴を作るため2016年にOrientalをスタート。ドレスシューズブランドとしての美しいフォルムや堅牢性はもちろん、履き心地の良さを常に考慮した靴作りを心がけています。例えば、ライフスタイルの変化によって変わった日本人の足型に合わせた木型設計や、ライニングの一部には足馴染みの良いディアスキンを採用。また、ハンドソーンにすることで履き始めから柔らかなフィット感を実現するなど、これまでの経験や技術や知識を集約した一足を生み出しています。
このような靴作りの根底には「機能的で美しい靴が足を守り、生活を華やかにする」という、創業者・松本常雄の志が常に流れています。

COLLECTION

BACK TO TOP

Copyright © 2019, ORIENTAL SHOES CO.,LTD. All Rights Reserved.