JOURNAL JOURNAL JOURNAL

今年で「Oriental」ブランド立ち上げ、WFG取り扱いスタートして5周年となりました。

皆様のご愛顧により、この5年でOrientalは大きく飛躍しました。

5周年という節目にあたり、World Footwear Gallery GINZA SIXにて特別なフェアを開催。

今回はそれを記念して、「Oriental」ディレクター・松本とWorld Footwear Gallery取締役・日髙氏がブランド立ち上げ時から今後のOrientalについて対談。

2人が見てきた‘‘Orientalの5年間‘‘を語り合います。

 

『ブランドを作り上げる為の強い意志を感じられた(日髙氏)』

 

 

-ブランド立ち上げ当初や取扱スタート時のエピソードをお聞かせ下さい。

(日髙氏):最初は「Shoe Tailor by Oriental」というネーミングでしたが、何か意図はあったんですか?

(松本):当時、自社含め国内の靴ブランドは靴とファッションの繋がりが希薄な印象がありました。そこでファッション的な要素を高めたい意思表示として、洋服の‘‘tailor‘‘という言葉を用いてアピールしようと思いました。

(日髙氏):それは今のOrientalの精神にも繋がってますよね。それで実際にきっかけとなったのは、藤澤氏(Fg-trente代表)からの紹介でした。彼からいろいろ話を聞いて、良いなと。でも一番大きかったのはやはり松本さんの存在でしたね。若くて、なおかつしっかりとした意志と信念が感じられたのがポイントでした。ブランドを作り上げるということは膨大なエネルギーと時間を消費するもの。強い意志がないと継続できません。それが感じられたので一緒にやっていこうと思いました。あとセンスの共有ができたのも良かったです。いろんな革靴を見てこられてるから何かイメージを伝えたときに話が早かったですね。

(松本):ありがとうございます!当時のことはよく覚えています。最初の商談のとき、深田社長もいらっしゃってゴルフシューズの話をよくされてましたね(笑)。WFGは老舗のショップなので、我々のような新参ブランドが通用するのかと緊張していたことも覚えています。

(日髙氏):そこで実際にWFGで取り扱いスタートするにあたり、ブランド名を変えましょうとお話しました。もっとシンプルに、と。

(松本):そうですね。やはりブランド名に社名を冠したいという思いがありました。そこで決まったのが「Oriental」でしたね。

(日髙氏):あの‘‘OR‘‘の象徴的なロゴもとても良くて、今では定着してますよね。また変わります?(笑)

(松本):変わらないです(笑)。この先何があるかわかりませんけど。

 

『お客様に愛されて人気モデルが生まれた(松本)』

 

 

-スタート当時は何モデルで展開したんですか。

(日髙氏):最初はストレートチップ3型、BELFAST・FARRELL・GERALDがありましたね。これは現在でも継続しています。

(松本):あとはフルブローグのANDREW、タッセルローファーのJAMIE、プレーントゥのJANISもありました。6モデルでスタートしましたね。当時は現在のようにモデル名はなく、品番だけでした。

(日髙氏):ストレートチップ3型はすべて木型が違います。それはお客様に発足当初だったOrientalのファンになってもらうことが狙いでした。そこからブランドの資質や方向性を探りたいという考えがありました。

(松本):スタート時はスムーズでしたね。サンプル製作もあまりしてなかったと記憶してます。スタートしてからの方が大変でした。現在より未熟な部分が多く、品質も含めさまざまな課題がありました。それでも御社がOrientalの成長を信じ、割り切ってお付き合いしていただいたからこそ今日までの長いお取り引きとなりました。

(日髙氏):協業という形でのものづくりで大切なのは、制作前のコミュニケーションだと思います。それがうまく行けば、あとは一人のディレクションで突き進むだけです。それと、弊社がOrientalの成長を信じたのはもちろんですが、最終的には弊社のお客様が信じたんだと思います。当店での新ブランド発表時には、いつも応援して下さるお客様が多いんです。

-この5年間さまざまなモデルをリリースしてきましたが、印象に残っているモデルは何ですか。

(松本):シングルモンクのJOSEPHです。最初は自分自身あまり意識していないモデルでしたが、御社でよく売れている状況を目の当たりにして存在感が大きくなっていきました。今ではロングセラーモデルとしてOrientalの顔の一つ。お客様に愛されて人気モデルになった一足ですね。

(日髙氏):JOSEPHはシンプルですが、絶妙なバランスですよね。私はBELFASTですね。デザインバランスが完成されており、お客様にとても支持されています。鈴木直之氏(グラフィックデザイナー)もこんな美しい靴はないと惚れ込んでおられたのが印象的でした。

(松本):それは本当に信じられないことでした。

(日髙氏):あのモデルは何も参考にせず、インスピレーションでデザインされたとか。それが良かったんじゃないかと思います。そういうモデルがお客様の支持を得て人気モデルに成長するんですよね。

 

(JOSEPH)

(BELFAST)

 

 

『常に新たなアプローチを仕掛けていく』

 

 

-今Orientalは更なる進化を求めて新しいアプローチや製品開発を行っています。これからのOrientalについてお二人の思うことをお聞かせ下さい。

(日髙氏):新しい需要創造をしていきたいですね。世の中の状況が変わり、今後革靴を履く方は減っていきます。そして革靴は更に嗜好性が強くなっていきます。その中で革靴を愛する方々に向けて、こんな靴が欲しかった!というモデルを一緒に作っていきたいです。

(松本):ここ1年程、カジュアルなスタイリングとのマッチングを重視した、Classic Casual Collectionに注力してきました。世の中の変化はありますが、今一度革靴を日常的なものにしたいと考えています。そして今後はクラシックの枠組みを超えていきたいと思っています。当然クラシックの要素はブランドの根底にあるフィロソフィーなのでアップデートしながら継続します。それとは別に新たな革靴のアプローチを展開していきます。

(日髙氏):それは良いですね!当店の顧客様にもストレートチップをデニムにかっこよくスタイリングされる方がいらっしゃいます。ただそういうスタイリングに合わせる靴のデザインバランスは非常に難しく、市場にも多くありません。そういう需要を掘り下げる方向性は素晴らしいと思います。

(松本):今いろいろなモデルを試作しています。早ければ今年の秋冬シーズンから新たなアプローチを具現化したモデルもリリースできるかと思います。是非楽しみにしていて下さい!

(日髙氏・松本):今後とも是非宜しくお願い致します。

 

 

 

 

Orientalは今後も新しいアプローチを継続し、進化する為に前進します。

皆様のライフスタイルに寄り添える、そんな靴作りを追求していきます。

まだまだ成長中のブランドではありますが、Orientalの靴が皆様にとって価値あるものになりますように。

 

-World Footwear Gallery 神宮前-

東京都渋谷区神宮前2-17-6 神宮前ビル1F

TEL:03-3423-2021

12:30-20:00

-World Footwear Gallery 銀座-

東京都中央区銀座5-6-6 すずらん通り

TEL:03-3572-6811

12:30-20:00

-World Footwear Gallery GINZA SIX-

東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 5F

TEL:03-6263-9991

10:30-20:00(当面の間)

 

interviewer・text/細見大輔

 

BACK TO TOP

Copyright © 2019, Oriental,Co.,Ltd. All Rights Reserved.