JOURNAL JOURNAL JOURNAL

こんにちは。

「Oriental」セールス担当の細見です。

 

今回はタッセルローファーの「BLACKWELL Ⅱ」をご紹介させていただきます。

以前よりお客様からの要望が多かったタッセルローファーを遂にリリースしました。

タッセルローファーと言えば、オールデンやクロケットのキャベンディッシュ等が一般的なデザインかと思いますが、弊社が用意するのは編み紐タイプ。

カジュアルかつエレガントなスタイルを提案する「Oriental」らしい1足に仕上がりました。

 

ラストはローファー専用の「419」ラストを使用。

クラシックなショートノーズ、ボールジョイント薄めのタイトな設計が特徴です。

更にこのモデルは履き口と踵周りのフィッティング精度を上げ、より脱げにくいアッパーの型紙設計となっております。

ローファーのフィット感としては非常に満足度の高い仕上がりになったのではないかと自負しております。

アッパーにはヨーロッパ産のボックスカーフとスエードを使用。

ボックスカーフはきめ細やかさとコシが特徴で、お手入れしながら履き込んでいくと艶感が増して非常に良い風合いに育ちます。

スエードは毛足の長い、滑らかな毛並みが特徴。非常に品のある表情で高級感を醸し出してます。

 

洋服のスタイリングはカジュアルテイストから、ジャケパンスタイルまで幅広くコーディネートできます。

季節感も問わず、夏はショーツに、冬はウールトラウザーに合わせてもバランスの良い塩梅となっております。

サイズ選びに関して、レースアップのシューズと比較して靴紐で調整できない為、一般的にローファーのフィッティングは1つサイズを下げることを推奨されることが多いですが、このラストはサイズダウンの必要性は少ないと思います。

購入された方もほとんど同じサイズまたは1つサイズを上げて選ばれています。

 

参考までに弊社スタッフのラスト別の着用サイズです。

 

・スタッフA(甲低)

「7965」          7.0

「GINZA」      7.0

「1220」          7.0~7.5

「1204」          7.5

「1216」           7.5

「BIANCO」   7.5

「419」   7.5

「808」     8.0

 

・スタッフB(甲高・幅広)

「7965」          7.0

「GINZA」      7.0

「1220」          7.0

「1204」          7.0

「1216」           7.0

「BIANCO」   7.0

「419」             7.0

「808」            7.5

 

【スタッフBの着用レビュー】

7.5の場合:足入れもスムーズでストレスもないですが、やや緩めです。履き馴染んだら全体的に緩くなりそうです。

7.0の場合:かなりタイトにフィットしておりますが、履き馴染みを考慮するとこのサイズ感の方が良いと思いました。

 

ちなみに他メーカーの普段の着用サイズですが、NIKE・new balance・converseは26.5cm、

Crockett&JonesやJohn Lobb等イギリス靴はUK7.0、AldenはUS7.0~7.5となります。

 

ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BACK TO TOP

Copyright © 2019, Oriental,Co.,Ltd. All Rights Reserved.