JOURNAL JOURNAL JOURNAL

 

皆さんこんにちは!

 

今回は大切な革靴と長く付き合っていく為のシューケアの基本的なやり方を書いていきたいと思います。
実際にOrientalの靴をシューケアする一連の過程を画像と合わせながら順に説明していきます。

 

ちなみにシューケアをするメリットとは「靴がきれいになること」、「靴を長持ちさせること」、「革を良い状態で保ち柔らかいしなやかな履き心地が得られること」が挙げられます。

 

それでは早速やっていきたいと思います。

 

用意するものは

 

 

 

 

① シューキーパー
② 馬毛ブラシ
③ リムーバー(汚れ落とし)
④ 豚毛ブラシ
⑤ クリーム
⑥ ワックス
⑦ 布(Tシャツなどの切れ端)
⑧ 水(少量)

 

以上の8点になります。
では、実際にやっていきましょう!

 

 

1. 靴ひもをほどいてシューキーパーを入れる。
意外と靴ひもをほどかずにシューケアを行う方も居ますが、付けたままだとちゃんと全体まで届かない、クリームが紐に引っかかる等でしっかりとしたシューケアが出来ないので紐は極力ほどきましょう!
ほどいたら、靴にシューキーパーを入れます。
シューキーパーを入れてシワを伸ばすことによって、履きジワの部分が伸びクリームが入れやすくなります。

また単純にシューキーパーを入れたほうが靴を持ちやすく、やりやすいと思います。

シューケア時のみならず、シューキーパーは靴のハンガーなので形崩れを防ぐ為に普段からしっかり入れておくと良いです。

 

 

 

 

2. 馬毛ブラシで全体をブラッシング
まずは、アッパー全体のゴミ、ほこりを落とすために馬毛ブラシで軽くブラッシングします。特にソールとアッパーの接着面の隙間や、土踏まず周辺、デザインによっては穴飾りなどゴミがたまりやすい所をしっかりとブラッシングしましょう。

 

 

 

 

 

 

3. リムーバーで汚れ落とし
ゴミやほこりを取った後は、リムーバーという洗浄液で、靴についている古いクリームやワックス、または外で着いた油汚れをキレイに取り除いていきます。
この工程を行うことで、一度革をフラットな状態にし、次のクリームが入りやすくなります。やり方としてはリムーバーと布を用意し、布を指に巻き付けた状態で布にリムーバーをしみこませてふき取っていきます。
次第に、布の方が汚れてくるので、違う部分に巻き直してまたふき取る~を繰り返しやっていけば、靴全体の汚れが取れます。
※多く塗布して強く何度もこすると革の表面が荒れてしまいます。適量で優しくふき取ってください。

 

 

 

 

 

 

4. クリームを塗りこむ
リムーバーで靴全体を一度フラットにしたら、次はクリームを入れていきます。
靴にクリームをいれこむと

 

・革に栄養を与える
・革のひび割れを防ぐ
・革を柔らかくして足馴染みをよくする。
・色が薄まったところに補色する
等の効果が得られます。
クリームを少量指にとって、アッパーに等間隔に塗布していき指、もしくは布で革になじませていきます。

 

 

 

 

5. 豚毛ブラシでクリームをなじませる。
クリームを塗り込んだら、次は豚毛ブラシを使ってクリームを革の中に浸透させます。
ブラシで全体をブラッシングすることで、先程塗ったクリームを均等に引き延ばす効果もあります。
豚毛は馬毛よりも毛が固く、クリームをしっかり入れるのに適しています。

 

 

 

 

6. クリームをふき取る
入念にブラッシングをした後は、余分ないらないクリームをふき取ってしまいます。
革に馴染みきらなかった余分なクリームは残っていると周りが汚れるのできれいな布の面でふき取ります。グローブクロス等があるとなお便利です。
基本的なシューケアはここで終わりです。
もう少し靴に輝きが欲しい方は次の工程「シューシャイン」を行います。

 

 

 

 

7. ワックスで仕上げる(シューシャイン)
ワックスを全体的に馴染ませ、水滴をほんの少しずつたらしながら磨いていくと全体的に光沢が生まれます。
つま先と踵はその作業を繰り返し行うこと(鏡面磨き)をすることによってより一層輝きが増します。

 

 

 

 

 

つま先と踵が自分の好みの輝きになったら完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ
今回は基本的なシューケア方法を説明させていただきました。
やっていく上で、使う道具を変える、増やすなどしてより自分のやりやすい方法にしていき、革靴をかっこよく長生きさせてあげてください!
それでは今日はこの辺で!

CATEGORY

BACK TO TOP

Copyright © 2019, Oriental,Co.,Ltd. All Rights Reserved.